生理が終わりかけに臭くなるのはなぜ?

悩みのアイキャッチ画像

生理が終わりかけるとなんとなく臭いが強くなったように感じませんか?

  • 生理が終わりかけに臭いがきつくなる理由と対策を解説しています。
  • 併せてその頃に経血が茶色くなる理由を解説しています。

気になる方は確認しましょう!

 

 

生理が終わりかけに臭う原因

デリケートゾーンの臭いを気にしているほとんどの方が、生理中に問題を感じています。生理中の臭いは、経血の酸化と雑菌の繁殖が原因といえます。一方で、生理の終わりかけに問題を感じる方もいます。生理の終わりかけに問題を感じる方は、それまでとは異なる鼻を突くような刺激臭や生臭い臭いに悩まされている方が多いようです。

 

生理が終わりかけに臭いが強くなる原因は、経血の残りが膣内で少しずつ出ているからといわれています。少量の経血が膣内にとどまるため、膣内で雑菌が繁殖し、ツーンとした刺激臭や魚が腐ったような腐敗臭(生臭い)がするのです。これまでと異なる理由で臭いが発生しているので、変わった臭いと感じる方が多いようです。

 

 

生理が終わりかけの頃に経血が茶色くなる理由

生理が終わりかけになると、経血が茶色くなることがあります。この理由は、経血が少なくなるので、排出まで時間がかかるからです。経血は血液のみと思われがちですが、実際は剥がれ落ちた子宮内膜や酵素、分泌物などが混ざっています。これらが時間をかけて排泄されるため、茶色くなり、臭いが強くなることがあるのです。

 

経血が茶色くなると驚きますが、以上の理由によるので基本的には問題ないと考えられています。とはいえ、問題が潜むこともあるので、生理の状況がおかしい、腹痛があるなどの場合は病院で相談しましょう。

 

 

生理が終わりかけに臭くなる時の対策

臭いが軽い場合はビデによる洗浄で解決することがあります。ただし、このような臭いがいつもする方は何かしらの原因が潜んでいるかもしれません。日常的にデリケートゾーンを市販石鹸で洗いすぎていることはないでしょうか。過度な洗浄で臭いが強くなることがあります。心当たりのある方は、ハーブの力と優しい洗浄力が魅力のジャムウ石鹸でケアするとよいでしょう。ジャムウハーバルソープであれば、日本人にあわせたジャムウ(ハーブ)を配合しているので安心して使用できます。(参考記事:ジャムウハーバルソープの詳しい解説記事)。

 

あるいは、紙ナプキンを使用していて、こまめに交換が出来ないことはないでしょうか。蒸れは雑菌を繁殖させるので状態を悪化させてしまいます。当てはまる方は、通気性の良い布ナプキンを利用すると良いでしょう(参考記事:布ナプキンnunonaの特徴)。

 

明らかにおかしな臭いが続く方は、性感染症の可能性があります。おりものの状態もおかしい方は注意をしたほうが良いでしょう。以下の記事を参考に適切に対処をとってください。(おりものの臭いと病気の関係)

 

以上の理由により、生理の終わりかけに臭いが発生します。問題を感じている方は適切な対策を取りましょう。ジャムウ石鹸や布ナプキンを使うほどではない方には、臭いの発生をブロックする「においクリーン分子」を採用したウィスパーピュアはだ(詳しい解説記事へ)がお勧めです。高評価なのでお試しになってみてはいかがでしょうか。