おりもの・生理の臭いと病気の関係を解説

女医のアイキャッチ画像
  • オリモノや生理の経血が明らかに臭い方は何かしらの病気が潜んでいる可能性があります。どのような病気が潜んでいるか解説いたします。

 

 

生理・オリモノが臭い方は病気に注意

何かしらの病気が潜むと、生理やオリモノの臭いが強くなることがあります。他の症状を現しにくい病気もあるので、心当たりがある方は注意が必要です。病気が気になる方は、特にオリモノに注意したほうが良いかもしれません。健康なオリモノは、無色~乳白色で、無臭(時間の経過とともに酸味が強くなる)です。オリモノの色がおかしい、臭いがおかしい、量が多いに該当するときは、病気への注意が必要かもしれません。オリモノに変化を起こす代表的な病気を紹介します。

 

おりものに変化が生じる病気
  • クラミジア:水っぽいおりものや黄色のおりものが見られる。量が増える。
  • 淋病:おりものの量が増える。色は黄色っぽい。
  • トリコモナス膣炎:粘度のある濃黄色や黄緑色のおりものが見られる。ベタベタとしていて量が多いので不快に感じることもある。悪臭といえる臭いがする場合は検査が必要。
  • カンジダ(膣カンジダ・外陰膣カンジダ):おりものの特徴 ポロポロとしたおからやカッテージチーズのような状態。あるいは粥状。臭いが強くなることが多い。
  • 細菌性膣炎:黄色がかったクリーム状の臭いおりものや、灰色で水っぽく魚のような生臭いおりものが特徴。
  • 子宮頚管炎:以上の性病などが原因となり、臭いの強い膿様のおりものがでる。
  • 子宮頚がん:まれに膿や血の混じった臭いの強いおりものがでる。

 

 

病気が心配な方は検査を

オリモノや生理の臭いだけで病気を診断することはできないので、気になる方は念のため検査を受けたほうが良いでしょう。一般的な性病の検査であれば、自宅で匿名のまま受けることが出来ます。気になる方は、ふじメディカルの4項目検査セット
(販売ページへ)を利用するとよいでしょう。綿棒で膣をぬぐうだけで、感染者が多いクラミジア・淋病・トリコモナス・カンジダをまとめて調べることが出来ます。子宮頸がんなどが心配な方は病院で相談しましょう。

 

 

病気以外の原因にも注意

オリモノや生理の臭いが強いと病気を疑ってしまいますが、たいていの場合は病気以外が原因です。疑わしい性行為を行った方など以外は、その他の原因も視野に入れましょう。その他の原因として多いのが、オリモノや生理の経血でデリケートゾーンが不衛生になることです。これにより、雑菌が繁殖する、オリモノや経血が酸化するなどの理由で臭いが発生します。病気の可能性が低い方は、これらをケアしましょう。

参考記事:デリケートゾーンが臭くなる理由
参考記事:生理前に臭いが強くなる原因

 

 

臭いのケアはジャムウ石鹸で

病気の可能性が考えられない方は、デリケートゾーンを清潔にすることから始めてみるとよいでしょう。すでに、念入りに洗っている方は、その行為が臭いの原因かもしれません。洗浄力の強い市販石鹸で洗いすぎると、臭いの発生を抑える善玉菌まで洗い流します。これにより、臭いが強くなることがあるのです。臭いが気になるときは、優しい洗浄力とハーブの力でデリケートゾーンを守るジャムウ石鹸(ジャムウ石鹸の紹介記事へ)を試しましょう。10年以上、売れ続けているジャムウ・ハーバルソープ(販売サイトへ)であれば安心して臭いのケアができるはずです。