意外!漏れを防ぐタイトな下着がデリケートゾーンを臭くする

女医のアイキャッチ画像
  • 生理漏れを防ぐタイトな下着のデメリットを解説いたします。

 

経血の処理は面倒

女性にとって生理ほど厄介なものはないかもしれませんね。体調不良や気分のイライラなど、いろいろな面倒をもたらしてくれます。おまけに、経血の処理までしなくてはならないので頭が痛くなりますよね。

 

経血の処理で面倒なのが生理用品からの漏れです。下着やズボンなどに血がついてしまうと気分が下がってしまいますよね。こうしたことがないように、いろいろな対策をとっている方が多いのではないでしょうか。

 

 

タイトな下着の問題点

漏れに対応するために、多くの方が行っている対策がタイトな下着の利用です。あるいは、タイトなズボンなどを履いて漏れないようにしている方がいるかもしれませんね。一見すると正しい対応のように見えますが、生理の臭いを考えるとおすすめできる対策ではありません。

 

生理中にデリケートゾーンが臭くなる理由は、経血が酸化することと雑菌により分解されることにあります。雑菌は高温多湿な環境を好むので、下着の中が蒸れると繁殖しやすくなります。つまり、漏れ対策としてタイトな下着を着用すると、下着の中が経血と体温で蒸れて、雑菌が繁殖しやすい環境になってしまうのです。

 

雑菌が繁殖しやすい環境になると、当然ながら悪臭が発生する可能性が高くなります。1時間ごとにナプキンを交換するという方は良いですが、そうでない方の場合は悪臭が気になってしまう可能性が高くなります。以上の理由から、タイトな下着を着用することはあまりお勧めできません。特に臭いが気になる方は避けたほうが良いでしょう。

関連記事:生理の終わりかけに臭いが強くなる原因

 

 

気になる方にお勧めの布ナプキン

漏れと臭いが気になる方は、布ナプキンのNunonaを使用するとよいでしょう。多い日・夜用を想定して作られた布ナプキンなので漏れる心配がなく、蒸れる心配もありません。フカフカの布ナプキンは、オーガニック素材を使用しているので安心して利用できます。Nunonaには、初めて布ナプキンを使用する方のためにスタートセットなども取り揃えられています。お困りの方はこちらをお試しになってみてはいかがでしょうか(Nunonaの解説記事)。もう少しお手軽な対策をお求めの方はジャムウ石鹸がおすすめです。臭いのもとを洗い流し、雑菌の繁殖を抑えることができるといわれています(ジャムウ石鹸が臭い対策に有効な理由)。これらをお試しになってみてはいかがでしょうか。