生理の臭いやかぶれを抑える布ナプキン

脱脂綿のアイキャッチ画像

生理になると、臭いがきつくなる、デリケートゾーンがかぶれることはありませんか。当てはまる方は、布ナプキンを利用するとよいかも。嫌な臭いやかぶれを抑えるといわれていますよ。

 

 

布から作られた洗えるナプキン

布ナプキンは、紙ではなく布から作られた洗えるナプキンです。メーカーにより構造は異なりますが、基本的には肌面・吸収体・ショーツ面の三層の布から出来ています。紙ナプキンとの違いは使用している素材です。一般的な紙ナプキンは、ポリエチレンやポリエステルなど石油系の素材を使用していますが、布ナプキンはオーガニックコットンなど天然の素材を使用しています。通気性の良い素材を使用しているので、蒸れにくく肌触りが良い点が魅力です。

 

 

生理の臭いとかぶれを抑える

布ナプキンのメリットは、生理の臭いとかぶれを抑えることです。生理の臭いは、デリケートゾーンが蒸れて雑菌が繁殖すること、経血と紙ナプキンに含まれる化学物質が触れることなどで発生します。通気性が良く、化学物質を含まない布ナプキンを使用することでこれらの原因を取り除くことが出来ます。また、肌触りが良くて蒸れにくいので、生理期間中のかぶれも和らぐといわれています。女性にとって嬉しいナプキンなのです。

 

 

吸水性は大丈夫なの?

布ナプキンを使用する上で気になるのが吸水力です。確かに、紙ナプキンに比べると劣りますが、コットンの吸水力も侮れません。一般的な紙ナプキンの交換目安である2、3時間であれば快適に使用できるといわれています。つまり、長時間様には劣るものの、日常の使用で問題になることはほとんどないといえるのです。

 

 

漏れない?防水性も気になる

漏れに繋がるだけに、防水性も気にする方が多いはずです。多くの布ナプキンでは、防水性に関しても万全の対策を施しています。例えば、NUNONAでは、湿度は通すが水は通さない特殊素材「透湿防水布」をショーツ側に使用しています。さらに、布ナプキン本体と吸水体の幅を広くすることで、不意の漏れを防止しています。これらにより、通気性の良さは保ちつつ、漏れないナプキンを実現しているのです。

 

 

紙ナプキンと変わらない使い心地

使い方が難しそうに思える布ナプキンですが、基本的な使い方は紙ナプキンと同じです。唯一の違いは下着にボタンなどで固定すること。とっても、快適に使うことが出来ます。ただし、選択が必要な点には注意が必要です。とはいえ、「もみ洗い→つけ置き洗い→乾燥」だけなのでそれほど手間はかかりません。繰り返し5年は使えるので、経済面でも優秀です

 

 

お勧めの布ナプキン

以上の特徴をハイレベルで備える布ナプキンがNUNONAです。お悩み別はじめてセットが用意されているので、誰でも手軽に始めることが出来ます。「おためし3日間セット」を選べば、今なら肌に合わない場合、30日間無料で返品することが出来ます。布ナプキンに挑戦したい方は、nunona【はじめてお試しセット】(販売ページへ)を試してみるとよいでしょう。