こまめなナプキン交換でデリケートゾーンの嫌な臭いを撃退できる理由

脱脂綿のアイキャッチ画像
  • なぜナプキン交換で生理中の気になる臭いが解消できるかを説明いたします。

 

 

生理の臭いが気になるが・・・

避けることができないとはいえ、毎月やってくる生理は嫌なものです。イライラする、吐き気がする、頭痛がする、憂鬱になるなど、良いと思えることがありませんよね。おまけに、デリケートゾーンの臭いまで気になってしまいます。こちらは周りの方に迷惑をかける可能性があるので余計に厄介かもしれません。

関連記事:生理期間中は嗅覚が鋭敏になる?

 

 

こまめなナプキン交換がお勧め

誰でも取り組める一つの対策として紹介したいのが、こまめなナプキン交換です。実に簡単な方法ですが、紙ナプキンを使用している方であれば効果はてきめんのはずです。そもそも悪臭が発生する原因は、経血を吸収したナプキン内が蒸れることにあります。栄養が豊富で高温多湿の環境になるので、悪臭を発生させる雑菌が繁殖してしまいます。また、高温多湿になることでデリケートゾーンは多くの汗をかきます。デリケートゾーンには悪臭の原因になるアポクリン汗腺が存在します。アポクリン汗腺から分泌される汗は特殊な汗なので、増殖した雑菌に分解されることにより強い臭いを生み出してしまいます(参考:アポクリン汗腺から分泌される汗が臭い理由)。生理になり通気性の悪い紙ナプキンを使用していると、このような原因が重なるため臭いが強くなるのです。逆に言うとこの状態を改善すれば問題を解決できる可能性が高くなります。

 

最近では長時間使用できるナプキンが主流になっています。大変便利な商品ですが、臭いという面からはあまりお勧めできるものではありません。というのも、最近の生理用品は品質が向上したせいもあり通気性がとても悪くなっています。通気性が悪いので、1時間から2時間もあれば雑菌が十分繁殖してしまうのです。この状態を長時間続ければ、当然ながら悪臭の元になってしまいます。

 

以上の理由から、問題に対処したい方はこまめに生理用品を取り換えてデリケートゾーンを清潔にすることが大切になるのです。とはいえ、1時間ごとにナプキンを取り換えることは大変ですよね。簡単ではあるが面倒という方には、他の対策がお勧めです。

 

 

布ナプキンもおすすめ

例えば、通気性に優れるコットンで作られた布ナプキンを使用すれば、デリケートゾーンの蒸れを解消することができます(オーガニックコットンで作られた高品質な布ナプキン【Nunona】紹介記事)。あるいは、アンダーヘアを短くカットすることで雑菌が繁殖する面積を減らすことができるので臭いを予防することができます(アンダーヘアカットがおすすめの理由)。もう少しお手軽で、総合的な対策を行いたい方には、臭い対策に有効なジャムウ石鹸がお勧めです(デリケートゾーンの臭い対策にジャムウ石鹸の紹介記事)。ライフスタイルに合った対策を施せば、お悩みを軽減できるはずです。お困りの方はぜひお試しください。